中国の新型肺炎のパンデミックは一体、いつになったら事態が終息を迎えるのか?!、不安で仕方がありませんが…、


中国の人々が外出を控えて、しかも、人が大勢集う映画館は危険だから…と当然のように考えれば、世界最大の映画市場に大きく依存しているハリウッドの映画産業は大きな痛手を被ることになりそうです…。現地の映画の興行が成立しなくなるのでは…?!




…という事態の進展に応じて、作品によっては公開時期を遅らせるなどの措置がとられることにでもなれば、意外な形で全世界の映画ファンに影響を与えることになるかもしれません?!

みなさんもお気をつけください。それにしても、こうしたウィルスの感染も映画館の興行から配信へ…の流れを後押しする要因になりそうですが、悲しい出来事は本当に嫌だな…。

January 27, 2020

Photo Credit: © Warner Bros. All Rights Reserved.

0 comments:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。