「ドクター・ストレンジ 2」のメガホンをサム・ライミ監督に譲ったスコット・デリクソン監督が、キャプテン・アメリカのクリスを主演に起用し、サム・ライミ監督の代わりに謎のアクション・アドベンチャー「バミューダ」を手がけることになった‼️


あくまでも結果的にですが、サム・ライミ監督とスコット・デリクソン監督が、お互いの企画を交換したような格好になりました‼️


ベネディクト・カンバーバッチ主演の第1作め(2016年)から引き続き、メガホンをとるはずだったスコット・デリクソン監督が降板した「ドクター・ストレンジ 2」(2021年5月7日全米公開予定)を手がける見込みのサム・ライミ監督が、2017年の初めから抱えていた企画の「バミューダ」を引き受けたスコット・デリクソン監督が、既存のシナリオを自ら書き直して、メガホンをとる契約を結びました‼️(via Variety




今後もマーベルとは仕事をしていきたいと前向きな考えを公けにしている同監督だけにか⁉️、元キャプテン・アメリカのクリス・エヴァンズを主演に起用することを検討中の「バミューダ」の物語の内容は伏せられていますが、題名からも容易に察することができるように当然、例の魔の三角海域をテーマにしたアクション・アドベンチャー映画だそうです‼️

ただし、共にホラーを得意とするサム・ライミ監督からスコット・デリクソン監督に引き継がれたわけですから、恐ろしい要素が盛り込まれているのは間違いないでしょうね…‼️、なお、製作は「ミッション・インポッシブル」シリーズなどのスカイダンスです。同社は、2013年から「バミューダ」の企画を温めてきたとのこと。


March 4, 2020

© Disney / Marvel Studios. All Rights Reserved.

0 comments:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。