マーベルのアジア系ヒーロー映画「シャンチー」が、新型コロナウイルス感染のリスクを配慮して、撮影の規模を一時的に縮小する賢明な判断 ! !


エルヴィス・プレスリーの伝記映画を撮影するためにオーストラリア入りしたトム・ハンクスと妻のリタ・ウィルソンが、あろうことか…


新型コロナウイルスに感染していた陽性だった…というトム・ハンクス・ショックの余波に含まれるかと思いますが、赤ちゃんが産まれて、間もないだけに大事をとって、慎重を要したいパパのデスティン・ダニエル・クレットン監督(「ショート・ターム12」2013年)が、新型コロナの検査を受けて、自主隔離のお休みを申し出たことから…、




パパの希望を受け入れたディズニー・マーベルが、オーストラリアでクランクインしたばかりの「シャンチー・アンド・ザ・レジェンド・オブ・ザ・テン・リングス」の主要キャストの出演シーンを撮影する第1班の仕事を一時的に止めることにしました。

同監督の検査の結果を受けて、来週の火曜日(3月17日)までに、次の動きの指示が出される予定だそうです。と、つまり、すぐに代わりを見つけられるわけではない監督とメインの出演者は、念のため、この週末は長めに休む…ということのようですね。俳優が出演しないカットを撮影する第2班や、その他の担当のスタッフらは引き続き、自分たちの仕事を続けるので、製作休止ではありません。(via Heat Vision


March 12, 2020

0 comments:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。