新型コロナのパンデミックを象徴する映画は「コンテイジョン」よりも、むしろ「フォーリング・ダウン」かもね…と、キレやすくなった人たちを揶揄してくれたストリート・アート‼️😔


近年はマーベルのヒーロー映画「アントマン」シリーズのハンク・ピム博士として活躍してる大ベテランの名優マイケル・ダグラスが…


お気に入りの作品として自慢している「フォーリング・ダウン」(1993年)は、いくつもの難題を人生に抱えてしまった主人公のウィリアムが、ある夏の日の不快指数の高さにブチ切れをして、暴走することになるブラックなユーモアのバイオレンス映画ですが…、




困難に直面した時こそ、その人が実際はどういう人物なのか?!、化けの皮がはがれてしまうだけに、COVID-19 のパンデミックで大変な目に遭っているのは自分だけではない…、みんな同じなんだ…と誰もが冷静に理解をし、自分が客だからと言って、スーパーマーケットなどのお店でゴネるような人がいなくなることを願います…。


また、いずれ感染がおさまったとしても、社会には様々な問題が、まるで後遺症のような余波として続くでしょうから、けして、理性を失わず、人柄の真価が試されている時なのだと自覚して、鮮やかに乗り切ってほしいと思います。よろしく、お願いします。





May 23, 2020

© Original Poster. All Rights Reserved.

0 comments:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。