アフリカ系のジョージ・フロイドさんを殺害した元警官のデレク・ショーヴィン容疑者が受けとるかもしれない年金の推定が約1億6,124万円だけに安定した老後の暮らしを楽しめるのかも⁉️


世界を揺るがす大きな人権問題に発展したジョージ・フロイドさん殺害の…


主犯とされる元警察官のデレク・ショーヴィン容疑者44歳が仮りに有罪となり、服役し、その後、出所して、55歳から年金の受け取りを希望した場合、1年間に受け取ることのできる金額は約5万ドル=約538万円と推定され、85歳まで生きるとすれば…、




年金を頼りとする老後の生活資金は150万ドル=約1億6,124万円になるため、働かずとも普通に暮らせるのかもしれません。州によっては、公務員が重罪の有罪判決を受けた場合、年金が剥奪されるそうですが、事件が起きたミネソタ州は今のところ、そうではない…とのこと。(via CNN


えッ?!、この人のほうが自分よりも豊かな老後の暮らしになるかもしれないの…?!、これはちょっと納得できない!!という声が多く、聞かれることになりそうですね…😔




June 12, 2020

© Original Poster. All Rights Reserved.

0 comments:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。