新型トランプ再爆発のロサンゼルスが再び外出自粛を義務づける封鎖に舞い戻る元の木阿弥もあり得ると、ガルセッティ市長が警告し、映画館の上映再開があらためて疑問に…😔


学校の授業を再開するか否か?!、子どもたちに新型トランプ感染のリスクを負わせる是非をめぐって…




議論が過熱してるアメリカですが、現地ロサンゼルスで昨日の火曜日(7月7日)に、 4,015人もの新規の感染者が確認される最悪の新記録を叩き出してしまったことから、エリック・ガルセッティ市長が本日の会見で、プール・パーティなどの不要不急の集まりが多すぎると指摘をして、市民の不注意な行動を戒め、これからの2週間の感染の推移によっては、いわゆる都市封鎖の状態に再び舞い戻る新たな命令を出すかもしれない…と、強く警告しました…。

仮りに本日8日から2週間後の22日(水)に都市封鎖を再び始めるとすれば、今月7月末の映画館の上映再開は先送りされて、主だった映画の封切りが、またまたまたのまたの新型トランプ延期の事態におちいってしまうかもしれません…。


とにかく、アメリカ人はみんな不要不急の遊びの集まりをやめて、バカマスクの着用を徹底してもらわないと、このままでは映画がダメになってしまいます…。




July 8, 2020

© Original Poster. All Rights Reserved.

0 comments:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。