新型コロナウイルスのパンデミックが、北米の映画上映を止めてしまう勢い‼️、ニューヨーク市長が映画館の全館閉鎖を決定‼️


先にお伝えした CDC=アメリカ疾病予防管理センターからの勧告を踏まえれば、こうなるのも当然かな…と、もはや諦めるしかありませんが…


ニューヨークで今日3月15日の日曜日に、ビル・デ・ブラシオ市長が、300件を超える感染の症例の数と、これまでに5名の死者が出ている事態を重くみて、映画館を含めた劇場やナイトクラブなどを閉鎖し、レストランの営業についても、配達のデリバリーか、持ち帰りのテイクアウトにのみ限定するという決定を発表しました!!




週明けの明日の月曜日ではなく、17日の火曜日のセント・パトリック’ス・デーの朝の午前9時から施行されることになります。公立の学校も来月4月20日までは、ひとまず、お休みです。

ロサンゼルスも同様に、バーやナイトクラブの他、日本でも危険視されたスポーツジムの閉鎖を決めていますから、いまの感染拡大の流れでいくと、北米の映画の上映がストップする事態におちいるかもしれません…。引き続き、新型コロナ・パンデミックの続報に要注意です!!


March 15, 2020

0 comments:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。