新型肺炎のコロナウイルス😷の本場の中国の映画館が失った売り上げは今のところ、約2,068億6,667万3,887円の絶望的にお陀仏の巨額😔


中国の映画館が通常の営業を再開できる見通しは、まだ立っていませんから、損失の額はこれからも雪だるま式に増えていきそうかも…?!


新型コロナウイルスのパンデミック発祥の地として、今や悪名高い中国の映画館の売り上げが、今年2020年に入ってからの過去の2ヶ月間に約19億1,000万ドル、つまり、日本円にすると約2,068億6,667万3,887円に相当する巨額の減少となってしまいました…。(via Variety

1月と2月の売り上げのトータルが約2億3,800万ドルに相当だそうですから、昨2019年の同時期の実績の約21億4,800万ドルと比較すると、前述のような巨額のマイナスになるわけですが、さらに前年の2018年の実績の約23億7,800万ドルと比べると、もっとひどいことになってしまいます…。




今月3月も引き続き、現地の映画館は閉鎖の見込みですから、自宅に閉じこもって、何もすることがない中国の映画ファンが諸外国で封切られた話題の新作映画を求めて、ネットを通じ、海賊版に手を出してしまうと、新型コロナウイルスの感染のように、よその国の映画産業まで次第に蝕んでしまう可能性が懸念されます。特に巨額の製作費をつぎ込むハリウッドは新作映画の公開のタイミングについて、慎重になったほうがよいかもしれません…。


March 2, 2020

0 comments:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。