新型肺炎のコロナウイルスのパンデミックにより案の定、ついに新作映画の封切りが無期限の延期‼️😩


新型肺炎は、その感染が勃発した武漢市が封鎖されてしまうなど当初から、ただならぬ異様な気配だっただけに新作映画の封切りも止まるのでは…⁉️

…という可能性を、もう約1ヶ月前の先月1月末に懸念しましたが、全米で現在大ヒット中の「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」の中国での公開を見合わせる無期限の延期を決めたことを、パラマウント映画が昨日の2月24日(月)のプレス発表で明らかにしました…。




中国の国内の状況については、よくわかりませんが、映画館も閉鎖になっているそうですから新作映画の封切り延期は当然とも言えるだけに仕方がありませんが、世界最大の映画市場に大きく依存してきたハリウッドにとっては最悪のシナリオの深刻な事態へとおちいってきたことになります…。

この先さらにコロナ・パンデミックが諸外国に拡がって、映画館が閉鎖になる地域が増えないことを願うばかりですが、今後の新作映画の封切りの日程は世界中のどこにおいても流動的になっていく可能性も覚悟しておいたほうがよいのかも…?!、ただし、Netflix や Disney+、Amazon といった配信サービスにとっては、映画館が営業できない…というのは追い風に違いありません…。


February 25, 2020

© Paramount Pictures. All Rights Reserved.

0 comments:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。