新型肺炎のコロナウイルスのパンデミック😷に見舞われたイタリアの映画館の売り上げが約75%減の重篤な状態におちいった😔


新型コロナの感染拡大のせいで休業や閉鎖、中止といった経済活動を縮小する憂き目においやられているのは映画館だけではありませんが…


「ミッション・インポッシブル 7」や「レッド・ノーティス」といった新作映画のロケも中止されることになったイタリアは、国内のほぼ半数の映画館が上映を休止し、閉鎖してしまったことから、先週末の2月28日(金)から3月1日(日)にかけての週末興行成績の売り上げが、前年同時期と比べて、マイナス約75%の減少という大打撃になってしまったそうです…。




話題の新作映画の「インヴィジヴル・マン」などの公開も無期限延期になっています…。

イタリアの状況は外国の出来事の対岸の火事ではなくて、世界中のどこでも起こり得る可能性があるわけですから、1日も早く新型コロナウイルスのワクチンが作られることを祈るしかありません…。(via Variety


March 2, 2020

0 comments:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。