「ブラック・ウィドウ」の公開延期は、あとに続くシネマティック・ユニバースに影響を与えるのか否か⁉️、マーベル・ファンの気になる点が伝えられた‼️


マーベル・スタジオに近い個人という曖昧な書き方で現わされた情報提供者がどういう立場なのか…?!はわかりませんが…


新型コロナのパンデミックが北米を襲い、映画館が閉鎖になったことから、予定していた5月1日全米公開を延期せざるを得なくなった「ブラック・ウィドウ」は、あとに続くマーベル作品にどんな影響を与えるのか…?!についての論説のような Variety の記事によれば…、

ナターシャの公開延期は、そのあとに控えている配信シリーズの「ザ・ファルコン・アンド・ザ・ウィンター・ソルジャー」(8月20日配信開始予定)、「エターナルズ」(11月6日全米公開予定)、「ワンダヴィジョン」(12月20日配信開始予定)などに特に影響はなく、言わば玉突き的に押されて、それぞれの作品のリリースが先延ばしされる見込みはないそうです。




だからと言って、「ファルコン・ウィンター・ソルジャー」が世に出る予定の今夏8月20日よりも前に「ブラック・ウィドウ」が封切られるとは必ずしも限らないそうですから、「インフィニティ・ウォー」よりも前の過去の物語の「ブラック・ウィドウ」と、「エンドゲーム」後…の「ファルコン・ウィンター・ソルジャー」と「ワンダヴィジョン」、そして、「ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー」のように独立した作品として、物語をスタートするのかもしれない「エターナルズ」とは、それぞれのリリースの順番が入れ替わって、前後しても、そもそも大きな問題はないのかも…?!

ただし、「ブラック・ウィドウ」はもう、ほぼ完成しているとしても、残りの作品は新型コロナ休みのため、製作が遅れるかもしれませんから、引き続き、要注意です!!


March 18, 2020

© Disney / Marvel Studios. All Rights Reserved.

0 comments:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。