オバマ・アセンブル‼️、映画好きのオバマ元大統領とミシェル夫人が、「アベンジャーズ」のルッソ兄弟監督とチームを組んで、モーシン・ハミッド著「西への出口」の映画化をプロデュース‼️


「インフィニティ・ウォー」を撮影していた2017年に映画化権を取得したルッソ兄弟監督たちが、「'71」のヤン・ドマンジュ監督に…


メガホンを託すことにした Netflix の配信映画「西への出口」のプロデュースに、オバマ元大統領夫妻が加わってくれることになりました‼️

同じくモーシン・ハミッドの原作「コウモリの見た夢」を映画化した「ザ・リラクタント・ファンダメンタリスト」(2013年)にも出演していたリズ・アーメッド(「ヴェノム」2018年)が、キャストに起用された「西への出口」の原作を邦訳出版する新潮社によれば…、




西へ、さらに西へ。自由を求める人々を追いかける、新しい同時代移民文学。中東を思わせるある街で若い男女が知りあった。人目を忍んで、ふたりは恋人同士になるが、内戦の拡大で街は荒廃し、命の危険を感じるようになる。そんな中、国境を越えられるという「扉」の噂を耳にした。果たして、その出口はどこへ通じるのか…。パキスタン出身の作家が、世界中の移民たちの風景を交え、新天地を目指す人生を鮮烈に描く。

…とのことで、移民の問題をテーマにしたものですから、元大統領夫妻が製作陣に加わることで、世間一般に向けての映画の説得力が増すことになりそうですね‼️(via Collider


March 5, 2020

0 comments:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。