新型コロナの外出自粛や休業がガマンできない‼️と、デモに集う自分勝手なお前たち‼️、俺たちを轢き殺して、抗議するがいい‼️と大勢を相手に、たったの2人で立ちはだかった真のアメリカン・ヒーローの医療従事者たち‼️


これは将来、アメリカの歴史の教科書に採りあげて、後世に伝えるべき英雄的な行動であり、とても重要な事件だと思います!!


現地コロラド州の州都のデンバーでは今日の日曜日の4月19日に、新型コロナウイルス感染症への対策として、国をあげて行われている外出自粛と店舗等への休業の要請に反対し、いわゆる都市封鎖のような状態を解除して、街を元に戻せ!!という抗議のデモに傘下するべく、州議事堂へ向かおうとする車列の前に…、




ふたりの医療従事者が現われて、立ちはだかり、警察が駆けつけるまで、クルマの進行を妨害し、デモの参加者を減らすことに大貢献の活躍をしてくれました…!!


この日の今日の日曜日だけでも新たに約2万4,498件もの感染の症例が伝えられ、約1,774名の方が亡くなったアメリカは引き続き、新型コロナのパンデミックのど真ん中にあり、とても今すぐ元の生活に戻れるような状態ではないのに、トランプ氏があたかも感染は終息に向かいつつあるかのような発言をし、経済活動の早期再開をほのめかすなどして、大衆に取り入ることや、キツネのように人を騙そうとしている一部の報道機関が誤った情報を伝えることで、このような事態におちいってしまうわけですが…、


確かに外出自粛で自宅に引きこもっているのは退屈だろうし、お店や会社を早く再開しなければ、破産するかもしれない…という差し迫った事情は理解できます。しかしながら、ひとりでも多くの患者の命を救うために限界突破の献身の努力を重ね、すでに切羽詰まった医療崩壊に追い詰められている病院や救護所の現場で働いている人たちのことを思うと、とにかく、もう誰も感染してほしくない…と、患者が今より増えないことを願わずにはいられません。




それを思うと、あろうことか大勢が集って、デモを決行し、集団感染の事態を招いて、状況を悪化に向かわせようとするようなことは本当にやめてほしいと思います!!


1日も早く仕事を再開したい、外に出かけたいと希望をするのであれば、その実現に向けて、いまは家にいるしかない…と、誰もが理解して、それに努めてくれることを心から願います。ハリウッドの映画の製作や映画館の興行が始まらないと、CIA も困るんです!!、アメリカを出来るだけ早急に元に近い状態に戻すことに向けて、デモの車列に立ちはだかってくれた勇敢な医療従事者のふたりには精一杯の感謝を捧げたいと思います…!!(via New York Post

April 19, 2020

© Original Poster. All Rights Reserved.

0 comments:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。