新型コロナのおかげで観光客が来ないから、道路に寝そべって、のんびりとお昼寝の日光浴を楽しんでいる南アフリカのクルーガー国立公園のライオンたち🦁という皮肉な光景‼️😅


写真を披露してくれたパーク・レンジャーのリチャード・ソウリーさんによれば、ライオンたちは通常は…


別のエリアにいるため、リンポポ州とムプマランガ州の両州にまたがるクルーガー国立公園を訪れる観光客が姿を目にする機会はないそうです。しかし、先月3月25日に同公園が新型コロナ休園になり、観光客が来なくなったことから、ライオンたちは行動範囲を広げて、道路上で寝たりまでするようになったみたいですが…、




でも、人が来ようと来まいと、そもそも同公園の面積が広大なため、ほかの動物たちの様子には特に変わりはないそうです。なので、このライオンたちが道路に寝そべって、お昼寝の光景は、かなり珍しいものだと言えそうです。



April 18, 2020

© Original Poster. All Rights Reserved.

0 comments:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。