「スター・ウォーズ : 新たなる希望」のチュニジア・ロケのピンクのパンツの兄ちゃんとして、ファンに愛され、サーガの人気キャラクターにまでなった伝説的なブームマイクのオペレーター、ケン・ナイチンゴールさんが死去。享年92歳。


現地のイギリスで一昨日の5月19日の火曜日に、ご自宅でお亡くなりになられたそうです…。




享年92歳だそうですから、大往生と言えるのかもしれませんが、1960年代の初めから、1990年代の後半まで、ブームマイクのオペレーターひと筋として、映画やテレビの現場で働き、「スター・ウォーズ」の人気キャラクターの “ ピンクのパンツの兄ちゃん ” として愛されて、今なおコスプレをするファンが絶えない故ケン・ナイチンゴールさんは…、


イギリス人だけに当然、「007」シリーズの録音も手がけたほか、故アイラ・レヴィン原作の故グレゴリー・ペック主演のカルト作「ブラジルから来た少年」(1978年)や、ジェーン・フォンダ主演の故フレッド・ジンネマン監督の名作「ジュリア」(1977年)などの現場でも活躍してくれました…。


「スター・ウォーズ」ファンに愛された伝説的なピンクのパンツの兄ちゃんのご冥福をお祈りください…。(via Deadline




May 21, 2020

© Original Poster. All Rights Reserved.

0 comments:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。