日本人は現在から約38年も前に、こんなモノを作ったのか‼️😲と、やにわに話題になっている服部時計店のTVウォッチ‼


1982年と言えば、「ブレードランナー」が封切られて、「E.T.」が大ヒットになった SF 映画の当り年ですが…




その当時に日本の服部時計店、つまり、セイコーが、腕時計のウォッチで、テレビをウォッチしよう!!というダジャレみたいな…じゃなくて、未来的な商品を販売していたことが突然、あらためてネットで話題になっています!!、TVウォッチはどのようなモノだったのか?!、レビューのビデオをチラとご覧ください!!


テレビのチューナーとディスプレイとを切り離して、後者を腕時計にしてしまおう!!というのは当時としては、きっとスゴい発想だったはずですが、しかし、今や、日本ブランドの魅力と価値は下がり、こうして過去のモノとして話題になるのは、ちょっと寂しい感じがしないでもありません…。




May 11, 2020

© Original Poster. All Rights Reserved.

0 comments:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。