アカデミー賞に向けての最初の関所として、重要視されるテリュライド映画祭が当然、開催の中止を余儀なくされた新型トランプの思うツボ‼️


アメリカは、9月からの新年度を正常に始めることができないだろう…と、もう半ば諦められているだけに…


今さらの感もありますが、クロエ・モレッツちゃんが年末年始を過ごす冬のリゾート地として知られるコロラド州のテリュライドで、再来月の9月3日(木)から7日(月)にかけて開催が予定されていた恒例の映画祭の新型トランプ中止が発表されました…。




毎年同時期にカナダのトロントで開催される国際映画祭と同様に、オスカーの前哨戦として、注目を集めるテリュライド映画祭ですが、今年2020年に紹介するはずだった映画は、感染封じ込めに努めて、パンデミックから立ち直ったイタリアのヴェネツィア国際映画祭(9月3日〜12日)や、守護神のようなクオモ知事が復活させたニューヨークの映画祭(9月25日〜10月11日)、そして、トロント(9月10日〜20日)などでの上映にご期待下さい…とのことです…。

自分のことを批判するスターや監督が多いため、ハリウッドを嫌っているトランプとしては、ざまあみろ!!かもしれませんが、映画産業から多額の献金を得ているバイデン元副大統領が、この秋の大統領選挙で勝利し、社会を正常に戻してくれるのを願いましょう…。


July 14, 2020

© Original Poster. All Rights Reserved.

0 comments:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。