Billy’s Journal - Monday, January 18, 2021

俗に「特定班」などと呼ばれるマニアックな人たちの活躍に期待が寄せられることになるんでしょうか?!🤔


「トランプ狂信」のカルトの刷り込みの洗脳解除に取り組んできた努力が報われず、トランプ軍が蜂起したテロの議事堂襲撃事件の勃発を未然に防ぐことはできなかったベストセラー作家のドン・ウィンズロウ氏が…


北米で明後日の1月20日(水)を持って、ひとまず大統領の任期(さかのぼって罷免されるかも?)を終えるトランプ容疑者は当然、米軍の指揮権を失いますから、これまでよりもさらにトランプ軍の民兵を頼りにするかもしれない可能性を指摘し…、


見た目は「普通のアメリカ人」にしか見えないトランプ狂信者は警察や軍の中にも潜んでいるだけに、有事を防ぐためには市民もネットを活用して、隠れテロリストの存在を暴くリサーチの迎撃に努めるべきだ…!!と怪しい人物を探して、身元を特定する安楽椅子探偵めいたことを奨励していますが…、


しかし、それは裏を返すとストーカー行為のようになってしまうなどの個人情報の危機を招いてしまうかもしれません…。



よって、ドン・ウィンズロウ氏の提案に丸ごと同意はできかねますが、それにしても、とどのつまり、アメリカに住む人たちはお互いに監視しあおう!!みたいなことが呼びかけられているわけですから、トランプ軍の存在はもちろん恐ろしいものの、でも、それ以上に差別と暴力を賛美したトランプ容疑者の洗脳と煽動によって、人心が分断されてしまった現在のアメリカ社会の病み方は底なしの恐怖だ…と、ちょっとショックを受けてしまいました…。


Monday, January 18, 2021

© Original Poster. All Rights Reserved.

0 comments:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。