Today's Photo and Topic - Sunday, January 17, 2021

3 days until Inauguration Day.


アメリカで今日の日曜日の1月17日の朝🌞のニュースです。トランプ垢や右翼の垢を凍結したこと自体はプラットフォームの健全化を目指した前向きのよい動きとして評価はできるものの、しかし…、


そのキッカケのアメリカ国議会襲撃事件へとつながった暴力賛美の煽動を見過ごすどころか、それを見せ物に集客をはかって、儲けておきながら、まさかの死人まで出る政府転覆を狙った革命のクーデターが起きるや否や、手のひらを返して、前述のように大規模な凍結祭りとトランプ追放のデジタル抹殺、もしくはデジタル大虐殺を行ったプラットフォームの善人ぶり?!のモラルはいかがなものか…?!


…と、ニュースでは問題視されている右翼のみならず、広い意味において、SNS は言論の自由の危機におちいってしまった…と受けとめ、Facebook と Twitter に不信を抱いた人びとが、別の場所を求めて、Signal 又は Telegram へと大移動しています…。

以前から言われている SNS の揚げ足とりの誹謗中傷やデマの拡散の問題なども含めて考えると、果たして、Signal や Telegram への乗り換えが、SNS の新陳代謝になるのか、どうか?!までは、まだ何とも言えませんが、確かに様々な規制が強まったことで、もう Facebook や Twitter の大きな SNS では気楽に発言することができない…と窮屈さを感じていた人は少なくないかもしれません…。

それに Facebook や Twitter からの離脱というのは、一生懸命にたくさん投稿して、どれだけ多くのフォロワーを集めても、しょせん両大企業を儲けさせるだけのタダ働きと解釈し、肝心の垢の主を支えて、今後の活動へとつながるメリットは実際のところ、ほとんどない…という不公平感に気づいて、憤りを抱いたアーティストやコスプレイヤーといったクリエイターたちは課金ができる有料のファンクラブ型の SNS へと、とっくに移ってしまっています…。


そうしたネット社会の全体を眺めると、いずれにしろ分散が始まってしまっていることはもう間違いのない事実かもしれませんから、Signal と Telegram をそれぞれ試してみた結果、CIA の更新をお知らせするツールとして使うにあたっては、ひとまず、より適しているかもしれないと判断した Telegram のチャンネルを開設し、何かあれば移行できるバックアップの態勢をとっておくことにしました。

ご興味をお持ちくださった方は、上 ↑ の写真をクリックして、CIA の Telegram にジャンプし、購読(無料)の登録(無料)をしておいてください!!、よろしく、お願いします…!!



Sunday, January 17, 2021

© Original Poster. All Rights Reserved.

0 comments:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。