クリス監督の「テネット」の新型コロナ再々延期に当然、追随するディズニーが「ムーラン」の新型コロナ再々延期を決定‼️というお決まりの新型コロナ公開の玉突き延期が伝えられた‼️


もしも、映画館で集団感染が発生して、観客が死亡する事態にまで発展したら…?!


その責任が配給会社にまで問われることになるのか、どうか?!はわかりませんが、その最悪のシナリオを想定すると映画館の上映再開後に真っ先にブロックバスター映画を封切り、他社の踏み台になるのは絶対にお断りらしいディズニーが…、




ワーナー・ブラザースが「テネット」を新型コロナ再々延期したのを受けて、「ムーラン」の新型コロナ再々延期を決めました…!!

映画館復活の起爆剤として、あえて切り込み隊長の損な役割を志願している今夏8月12日(水)全米公開の「テネット」が集団感染を起こすのか、どうか…?!、その様子を眺めて、万一の場合、封切りを中止することができるように、「テネット」のあとにつく「ムーラン」の新しい全米公開日は、8月21日(金)だそうです…!!

「ムーラン」の全米公開日は最も最初は一昨年2018年秋の11月2日だったのが、今春3月27日に変更された後、今夏7月24日に新型コロナ延期され、さらに新型コロナ再々延期によって、今日のところは8月21日ですが当然、さらに新型コロナ再々々延期や新型コロナ再々々々延期もあり得るかもしれません…?!


いわゆる社会的距離に配慮して、映画館の収容人数をあえて減らしたり、マスクを着用しての鑑賞が義務づけられるなどの新型コロナ公開は当然、観客の足を引っ張り、どんな映画も赤字になる可能性がありますから、「テネット」や「ムーラン」のような高額の製作費が投じられたブロックバスター映画は本当は今夏の新型コロナ公開は避けたほうがよいのですが、さて、どんな興行成績の結果になるのか…?!、よくない意味において要注目です…。





June 26, 2020

© Original Poster. All Rights Reserved.

0 comments:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。