エミリー・ブラントとジョン・クラシンスキー監督の夫婦コラボのモンスター・ホラー「ア・クワイエット・プレイス」の第2弾も新型トランプ延期を決定‼

スピンオフ映画の位置づけになるらしい第3作めの製作を早々と決め込んだことから…




あわよくば、ユニバース化を実現したいらしいパラマウント映画にとっては、とても大切な勝負映画の「ア・クワイエット・プレイス Part 2」が新しい全米公開日として、初秋の9月17日を発表しました…!!


バイデン・ハリスの新政権が感染予防の徹底を求めた「100日間プラン」の期間中となる公開日だった今春4月23日からの先送りになりますが、2018年に思いがけないヒットを叩き出し、アカデミー賞の候補にまで選ばれたモンスター・ホラーの第2弾は…、


最も最初に予定した2020年3月20日全米公開から同年9月4日封切りに延期のあと、前述の今春4月23日を経て、新たに9月17日全米公開ですから、計3回の新型トランプ延期をして、4つめの全米公開日を与えられたことになります…😅


物音を聴きつけて襲ってくるエイリアンのクリーチャーが、この春のラインナップから消えたことで、今年2021年前半の全米映画興行は、やっぱり全滅?!に近い状況となってきたため、果たして、映画館は生き残ることができるのか…?!が、これから議論されることになりそうですね…。

Friday, January 22, 2021

© Paramount Pictures. All Rights Reserved.

0 comments:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。