マシュー・ヴォーン監督のスパイ映画の人気シリーズ「キングスマン」第3作めのプリクエール「ザ・キング’ズ・マン」まで新型トランプ延期‼️

映画館で封切りと同時配信のワーナー・HBO Max の作品を除けば…


いまの冬から春にかけての全米公開映画のラインナップはもう全滅かも?!と言えそうな様相になってきましたから、映画興行界では夏の始まりの5月からの新作はどうなるのか?!

いわゆるサマーシーズン開幕映画として、5月7日全米公開予定のマーベルのスピンオフ映画「ブラック・ウィドウ」が新型トランプ延期をするのか?!、それとも Disney+ から同時配信の決断が下されることになるのか…?!がまた、あらためて注目の的になりそうですが…


今春3月12日の全米公開を予定していた「ザ・キング’ズ・マン」の新型トランプ延期を決めたディズニーが、新しい封切り日として、夏の終わりの8月20日を発表しました!!


2019年11月15日全米公開→2020年2月14日全米公開→2020年9月18日全米公開→2021年2月26日全米公開→2021年2月12日全米公開→2021年3月12日全米公開、そして、2021年8月20日全米公開ですから、前倒し1回を含めて、計6回めの封切り日の変更です…😅


バイデン・ハリス政権の感染封じ込めの「100日間プラン」の終わりの100日めは、4月30日ですから、春の映画が公開キャンセルになるのは、なるほど…の感ですが、果たして、5月から映画の公開は安定するのか?!、ジョーとカーマラにガンバってもらうしかありません…!!


Friday, January 22, 2021

© Original Poster. All Rights Reserved.

0 comments:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。